top

鎌倉そわかプロジェクトは、2011年3月11日の東日本大震災を機に生まれた
鎌倉市内の仏教寺院僧侶有志と同市在住の市民有志による活動です。

2011年3月11日の未曾有の震災は、社会を大きく揺るがす出来事でした。
瞬時にして多くの命が失われ、二次災害、三次災害まで引き起こしています。
今まで信じてきた進歩や、絶対だと思っていたことが無情に打ち砕かれた瞬間
でもありました。

私たちの未来は、混迷を極めています。
エネルギー問題ひとつを考えても、今後の世界は、もうこれまでのようにはいかないはず。
こんな困難な時代にあって、それでも私たちは、希望をもって行き抜いていかねばなりません。
それには私たち一人一人の「心の安寧」が不可欠だと考えます。

私たちの暮らす鎌倉という町は歴史的にもお寺との関係は深く、人々は日々の光景の中で、托鉢をして回る僧侶の姿や読経の声、鐘の音、境内に咲く四季の花などに親しんで暮らしています。

そもそもお寺は、そこに集う人々の不安や悩みを受け入れ、知恵や祈りを授ける場所。
みんなの集合場所であり、学校でもあり、世間話に花を咲かせる場でもあり、仏像その他のお宝だってある・・・・。
訪れた人が、なんとなくホッとしたり、気分転換できたり、希望を見出したりしながら、帰路につく。
今こそ、そんな場所であったらいいなと思います。
こんな時代だからこそ、お寺や僧侶にできることがきっとあるはず。

ここに集まったお坊さんと、そんな考えをもとに、「そわかプロジェクト」を立ち上げました。
【心の安寧や平和、命への感謝を祈る場の提供】をコンセプトに、でも、楽しく、ゆるく鎌倉らしい活動を続けていきます。

そしてこんな考えや活動が、全国に広がっていったらいいな・・・と思っています。

Recent Posts

写経大作戦によせて〜明王院 仲田副住職より

本や映像などから仏教を学ぶことも大切ですが、私たちは仏教を体験、体感して頂きたいと思っています。

写経や座禅、護摩法要に興味があるけれどどうやって参加するのかわからないという方。お寺で普段はなかなか体験することが出来ないことがしてみたいと思っている方々。この機会に是非、鎌倉のお寺で仏教を感じてみて下さい。

むずかしい予備知識は必要ないです。わからないことは、どうぞお坊さんに直接聞いてみて下さい。

皆様のことを参加者というより、共に修行する仲間としてお待ち致しております。

晶弘

仲田副住職明王院では、今回の“大作戦”で、副住職の解説つき「特別護摩法要」を実施します。
護摩法要は普段、不動明王の縁日である毎月28日と決まって実施されているものですが、今回はそわかプロジェクトのため、皆様の参加しやすい週末
11月18日(日)と、12月9日(土)の両日いずれも14:00〜
特別に貸切で行うものです。

いろいろなご祈願を受付けます。

▶お寺のご紹介

【日本を外敵から守った最強のパワースポット】

朝比奈の切り通しの手前に、ぽっかりと桃源郷のように佇む明王院。茅葺きの本堂と手入れの行き届いた庭は鎌倉時代にタイムスリップした気分を味わえます。

歴史は古く、鎌倉幕府そして将軍の祈願所として護摩法要が行われてきました。最大の危機、元寇の脅威にさらされた際にもここ明王院で異国降伏の法要が修され見事、日本の国が守られました。いわば、鎌倉最強のパワースポットです。

不動明王の周りを囲む四体の明王を合わせた五大明王の迫力は、仏ガール、寺ガールなら見逃せません。炎の向こうのお不動様に会いにいきましょう。

 

▶明王院への行き方:

住所:鎌倉市十二所32
鎌倉駅東口からバスが便利です。
京急バス 鎌倉霊園正門前太刀洗行き または鎌倉宮行き「泉水橋」下車 徒歩3分
鎌倉駅からのんびり徒歩で、30分ぐらいかけて歩くのも、お天気のいい日は気持ちがいいですよ!

  1. 【写経大作戦】本日、極楽寺。 コメントは受け付けていません。
  2. 【写経大作戦】浄光明寺 コメントは受け付けていません。
  3. 【写経大作戦】極楽寺 コメントは受け付けていません。
  4. 「秋の写経大作戦」にあたって コメントは受け付けていません。
  5. 秋の写経大作戦 コメントは受け付けていません。
  6. 7/3(火)鎌倉・小町にてkama坊ナイト! コメントは受け付けていません。
  7. 7月3日(火)鎌倉で「Kama坊」ナイトです コメントは受け付けていません。
  8. 【御礼】一周忌のお線香&ろうそく、届けました コメントは受け付けていません。
  9. 彫ったお地蔵さんを無事送り出しました コメントは受け付けていません。